松山市で不動産売却会社を探す

このページは、愛媛県松山市で不動産の売却を専門にしている会社を探す方法についてお伝えしています。不動産を売却するには「仲介」と「買取」があります。

 

どちらも不動産が行っていますが6カ月以上住んでいない1戸建・マンション、売却したい不動産近くに住んでいない、築年数が15年以上で住みにくいなどは「買取」してもらったほうが良いでしょう。

 

こまめにメンテナンスをしていてそのまま住める、まだ築年数が10年未満、売却したい不動産の比較的近くに住んでいる場合には「仲介」が良いでしょう。全国的にみても「仲介」は減少していて「買取」のほうがメリットが多い点から増えています。

松山市で不動産の売却を考えているのなら買取・仲介専門の不動産屋がおススメです。特に買取は手数料無料で確実に売却出来て、売却後のトラブルも個人で対応しなくても大丈夫です。

 

買主側とのトラブルで裁判になることも考えられますので、不動産屋へ買取してもらうほうが瑕疵担保責任は不動産屋で応対してくれるので、売り主側への負担もないのです。

 

買取の際に近隣へ知られたくないという場合も買取なら即座に不動産屋が手続きするので、チラシ広告やHPで売り出していることを知られずに済みます。ここでは増えている買取の説明をしていきます。

 

まずは持っている不動産の価格を知ることから始めましょう。売却の価格がいくらなのかを査定してもらうことです。電話や無料査定のフォーム・メールで相談してみましょう。

 

おおよその査定価格を机上で割り出します。この買取価格前後で買取を希望した方のみ直接現地へ行き、実際の物件や不動産を確認した上で、詳細な査定価格を提示してくれます。

 

具体的な価格に納得いった上で取引の相談が開始し、契約の期日の決定やそれまでに必要な書類・手続きを整えていきます。契約当日は必要書類等を銀行ブースに持参の上で、司法書士立ち合いのもとで手続きを進めています。

 

銀行ブースを借りて行いますが、事前に手順などの説明を行っていますので心配いりません。すべての手続きが終了すると現金または振り込みを指定の口座へ振り込みがされます。

 

所有権の移行手続きは司法書士が行ってくれますが、だいたい法務局へ提出後1週間程度の完了までにかかります。これが売却までの流れになります。

 

売却買取後、確定申告もありますので忘れないように手続きを行いましょう。面倒な場合は不動産屋によっては税理士を紹介してもらますので相談してみましょう。

コメントを残す